手汗の原因は何か

手汗の原因は何か

 

非常に残念なことですが、手汗の原因は現状では解明されていません。
しかし、手汗にはさまざまな要因が絡み合って発症するということはわかっています。
まずは、交感神経が高まると、手の発汗量が多くなるということです。
人間の身体は交感神経と副交感神経といった自律神経がバランスよく作用することで機能しています。
交感神経は人間が活動している時に活発に働く神経で、体の新陳代謝を促進し、発汗を促しています。
副交感神経は逆に、身体をリラックスさせる働きがあります。
本来ならば、人間が活動している時に交感神経の働きが活発になり、就寝時など、じっとしている時に副交感神経の働きが活発になります。
しかし、手汗を発症している方の場合、交感神経が常に優位になっています。
次に、ストレスや緊張が原因になっているということです。
自律神経というものは、些細なストレスや緊張によっても刺激を受け、それにより、手汗を発症するのではないかとも言われます。
人間の身体は、ストレスや緊張を感じると、身体を動かしていなくとも汗をかきます。
この状態が酷くなると、手汗を発症すると考えらます。
いずれにしても、自律神経の働きが原因で手汗が起こるのではないかということが理解できたと思います。
汗の問題はデリケートで人には言いずらいのですが、適切な治療をすることで、解消することも可能ですので、一人で悩んだりせずにおかしいとおもったら医師の診察を受けるようにしてください。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る